水道橋博士は何かの病気か?体重増加と全身むくみを公表

浅草キッドの水道橋博士

体重が15キロ増え、全身むくみに

悩まされていることを公表しました。

 

2019年3月23日に自身のTwitterで

公表したものです。

 

この記事では、水道橋博士が悩まされている

体重増加と全身むくみは

何かの病気なのか、書いてみます。

水道橋博士がツイッターを更新

水道橋博士は昨年11月から、

体調不良を理由に休養しています。

 

所属事務所は、

過労、蓄積疲労で、

落ち着くまで仕事を休ませていただく。

倒れたとかそういうことではない

と説明していました。

 

それから約5ヶ月後、水道橋博士は

自身のTwitterで以下のように

投稿しています。

この足のむくみはヒドイですね…。

 

同日、インプラントが完成したことも

写真付きでツイートしています。

心なしか、お顔の方もむくんでいるような

気がしますね。

 

もし、足と同じように全身がむくみ、

体重が15キロ増えているなら、

何か身体が異変を起こしていると

考えるべきでしょう。

水道橋博士は何かの病気か?

休養してからわずか5ヶ月足らずで

15キロも増加し、全身のむくみも

生じているようなら、何かの病気を

疑うべきだと思います。

 

全身のむくみと体重の増加は、

腎臓が悪化している恐れがあるようです。

 

腎臓が悪化すると、尿がうまく排出されないため、

体内に水分が貯まっていき、

むくみが現われてくるそうです。

 

水道橋博士は人一倍健康に拘りを持っていましたが、

いくら健康に気を配っていても、

身体の異変をすべては抑えられないんですね。

 

早々に病院で診断を受けるそうですが、

大事に至らないことを願うばかりです。

最後に

体重増加と全身のむくみを公表した

水道橋博士について書いてみました。

 

もしかすると、昨年11月に休養したときから、

異変に気づいていたのかもしれませんね。

 

病気だけは本当に怖いですね…。

 

私も定期的に検診を受けて、

早めに身体の異変に気づくようにしたと

改めて思いました。

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。