渡辺真理アナのそこまで言って委員会降板理由はなぜ?後任は誰に?

読売テレビで日曜のお昼に放送されている

そこまで言って委員会NP」で

司会を務める渡辺真理アナウンサーが

降板することが決まりました。

 

2019年3月19日に開かれた、

読売テレビの改編会見で

発表されたものです。

 

ここでは、渡辺真理アナの

そこまで言って委員会の降板理由はなぜなのか、

また、後任は誰になるのか、書いてみます。

渡辺真理アナがそこまで言って委員会を降板

渡辺アナは2015年4月から

そこまで言って委員会の副議長として、

辛坊治郎さんとともにメインMCを

務めていました。

 

番組のMCを4年間務めての降板

ということになります。

 

就任が決まった当初、

この人で大丈夫かな…とも思いましたが、

今では番組に欠かせなくなっていますね。

 

そこまで言って委員会は、

パネラーとして登場する方々が

非常に個性的で、MCとしては、

回すのが大変だったと思います。

 

収録中に喧嘩なんて、日常茶飯事ですからね。

 

今の番組に渡辺アナがいないなんて、

とても想像がつきません。

 

それぐらい、あの個性的な方々を

上手く操って番組を進行させていたと思います。

渡辺真理アナの降板理由は?

渡辺アナは番組を”降板”ではなく、

”卒業”するようですね。

 

テレビ局にとっても、

番組にテコ入れは必要ですし、

渡辺アナご自身のスキルアップのためにも、

入れ替えを行うのでしょう。

 

改編会見で執行役員編成局長が

「今の『委員会NP』の形を作っていただいたのは、

辛坊さんと渡辺さん。感謝の気持ちでいっぱい」

とコメントしており、あくまで

前向きな卒業であることが分かりますね。

 

この4年間で、渡辺アナはMCとしての

実力を見せつけたと思います。

 

そこまで言って委員会は右翼的な

番組と言われており、

渡辺アナの思想は真逆であると言われ、

心配もされましたが、

今となれば無駄な心配でしたね。

渡辺真理アナの後任は誰?

気にある渡辺アナの後任ですが、

入社4年目の黒木千晶アナに

決定したようです。

 

渡辺アナは”副議長”でしたが、

黒木アナは”秘書”として出演されるとのこと。

 

強烈で個性的な出演者に囲まれて、

入社4年目の黒木アナが

どこまで番組を進行できるのか、

春から注目したいですね。

最後に

そこまで言って委員会を降板する

渡辺真理アナについて書いてみました。

 

渡辺アナの降板は寂しいですが、

後任の黒木アナに期待したいですね。

 

非常に難しいポジションですし、

だからこそベテランの渡辺アナが

MCを務めていたのだと思いますが、

それだけ黒木アナの実力を

買われているのでしょう。

 

4月からのそこまで言って委員会に

期待大ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。