【動画】とくダネ笠井アナが被災地で非常識取材!気仙沼の仮設住宅で

2019年3月11日に放送された

朝の情報番組「とくダネ!」で

アナウンサーの笠井信輔さん

被災地で非常識な行動を取ったとして、

猛批判を浴びています。

 

この記事では、笠井アナの被災地での

非常識な取材について、書いてみます。

笠井アナが被災地で非常識な取材

2019年3月11日で東日本大震災から

8年が経過しました。

 

色んな番組が被災地で取材する中、

とくダネ!も笠井アナが現地で

取材を行いました。

 

笠井アナは宮城県気仙沼市で、

3月31日で引っ越しを余儀なくされる仮設住宅に

暮らす住民の方にインタビューされましたが、

その際の行動が非常識だと猛批判が集まりました。

 

当日、現地は雨が降っていましたが、

笠井アナはノックもせずにいきなりドアを開け、

雨に濡れた上着を脱ぎもせず、

そのままインタビューを行ったのです。

 

笠井アナのこの行動に、Twitterでは

以下のような批判の声があがりました。

ちょっと考えれば分かることですよね?

 

相手への配慮というか、

他者の気持ちが分からないのでしょうか?

 

これはテレビの傲慢と言われても

仕方ないでしょう。

 

被災者はただでさえ生活が大変なのに、

笠井アナが濡らした住居は、

住民の方が掃除されたのでしょう。

 

本当に話を聞くだけで不愉快な

気持ちになります。

笠井アナの非常識な取材の動画は?

笠井アナの被災地での非常識な取材の動画ですが、

ネットやTwitter等探してみましたが、

あいにく見つけることはできませんでした。

 

私も見逃したので、どんな様子だったのか、

ぜひ見てみたかったのですが…残念です。

 

今後、もし見つかれば、更新したいと思います。

最後に

とくダネ!の笠井アナの被災地での

非常識な取材の動画について、

書いてみました。

 

これぞ、テレビの傲慢ですよね。

 

テレビ業界の人は、被災地の方々を

邪魔したいのでしょうか?

 

もう少し被災者の気持ちを考えて

行動を取ってほしいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。