【動画】長谷部誠が医療スタッフを侮辱!ホッフェンハイムとの試合で

ブンデスリーガのフランクフルトに所属する

元日本代表ミッドフィルダーの長谷部誠選手が

2019年3月3日の試合の後、

敵チームのホッフェンハイムの監督から

批判される場面がありました。

 

長谷部誠選手が、ホッフェンハイムの

医療スタッフを侮辱する行動を

取ったそうです。

 

この記事では、長谷部誠選手が

ホッフェンハイムの医療スタッフに対して

行ったという侮辱的な行為の動画・映像

について書いてみます。

フランクフルトvsホッフェンハイム

2019年3月3日に行われた試合は、

3−2とフランクフルトの勝利に終わりました。

 

問題の場面は、後半80分、

ホッフェンハイムのナディーム・アミリ選手が

数分間に渡ってピッチで治療を受けていたところ

長谷部誠選手は、相手が実際には

負傷していないと思ったのか、

強い苛立ちを見せていました。

 

しかし、アミリ選手は実際に負傷しており、

そのまま交代しています。

 

さらに、フランクフルトの逆転弾が

決まった後半ロスタイムには、

長谷部誠選手がホッフェンハイムベンチの前で

歓喜を表現したとのことです。

 

動画については、Twitter等でも

探してみましたが、あいにく、

問題の場面を見つけることはできませんでした。

 

これらの行為に対し、ホッフェンハイムの

スポーツディレクターは、

長谷部誠選手が自チームの医療スタッフを

侮辱したと批判。

 

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督も

もしもそういったことがあったのであれば

長谷部誠に代わって私が謝罪したいと思う

とコメントしています。

 

この日、長谷部誠選手は日本の記者たちの

質問に答えることなく後にしています。

 

これは長谷部誠選手らしくないですね。

 

長谷部選手といえば、

チームメイトから信頼の高い、

人間性の素晴らしい方ですからね。

 

そんな長谷部選手がこんな侮辱的な行為を

取るなんてことは…ないと信じたいです。

 

相手選手が治療していたときは、

時間がない中で苛立ちを

抑えられなかったのかもしれませんが、

相手ベンチの前で歓喜を表現したのは、

いただけませんね。

 

たまたまってこてはないでしょうし、

恐らく確信犯でしょう。

 

今シーズンの長谷部選手は素晴らしく、

ブンデスリーガのベストディフェンダーの

1人に選ばれる勢いです。

 

素晴らしいシーズンを送っているだけに、

こんな行為で評価を下げることは

してほしくないですね。

最後に

ブンデスリーガのフランクフルトに

所属する長谷部誠選手が相手の

医療スタッフに対して

侮辱的な行為を取ったという動画について

書いてみました。

 

長谷部選手も人間ですから、

試合中はイライラすることもあるのでしょう。

 

今回の件は反省して、心を整えて、

次の試合でもベストパフォーマンスを

見せてほしいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。