武田勝(元日本ハムの投手)の猫の種類、名前と画像は?

日本ハムファイターズの投手として活躍し、

現在はBCリーグ・石川ミリオンスターズの

監督を務める武田勝さんは

野球界随一の猫好きとして知られます。

 

引退して数年が経ちましたが、

コントロールと投球術のみで抑える

独特なピッチングスタイルだったことから、

今なお、人気者です。

 

野球ファンで猫好きの方は、

武田さんの猫について、気になることでしょう。

 

ここでは、武田勝さんの猫について、

ご紹介してみます。

1.武田勝の猫

武田さんは現在10歳になる

スコティッシュフォールド

みー太郎」を飼っています。

初めてずっと抱っこしたずっと

「みー」と鳴いていて、男の子だったことから

「みー太郎」と名付けたそうです。

 

みー太郎との出会いは、当時同僚だった

藤井秀悟元投手に見せてもらった

携帯電話の写メール。

 

武田さんが一目惚れし、すぐに奥さんと

ペットショップに行って購入されたそうです。

 

武田さんはご自身のブログに頻繁に

みー太郎を載せていましたが、

ご自身がブログに乗るのは恥ずかしいため、

みー太郎の力を借りて更新していたそうです。

 

最近は野球選手でもブログやSNSを

やっている人が多いですからね。

 

その選手の素顔を知ると、応援したくなる、

なんてことがありますから。

 

私も武田さんが猫好きと知って

応援したくなりました(^^)

 

みー太郎は段ボールが好きで、

こだわりがあるため、

常にストックを用意しているとのこと。

 

このあたりにも、武田さんの猫愛を感じますね。

2.捨て猫チャリティーも

武田さんは初の10勝をあげた2009年には、

捨て猫のチャリティーを行なっています。

 

当時の背番号38と猫を組み合わせた

グッズを作り、収益を動物愛護団体に

寄付されています。

 

ファンフェスタで限定販売されたそうですが、

即完売になるほどの人気だったそうです。

 

当時のチームには、ダルビッシュ投手、

稲葉篤紀さん、糸井嘉男選手など、

スター選手がおられましたし、

武田さんは豪速球を投げるような

華のある投手ではありませんでしたが、

これだけ人気が出たのは、武田さんの

人柄によるところも大きいのでしょう。

 

武田さんは数々の天然エピソードを持っていて、

チームメイトから愛されていたことが伺えます。

 

春季キャンプの際に、

怪我をした猫を拾って病院に連れて行き、

治してあげたこともあるらしく、

本当に心優しい方であることが分かりますね。

「水曜どうでしょう」が大好き!

猫は関係ありませんが(笑)

武田さんは北海道のお化け番組

水曜どうでしょう」の大ファンとしても

知られます。

 

現役時代は出囃子に水曜どうでしょうの

テーマソング「1/6の夢旅人」を

使用していたほどです。

 

引退セレモニーの際には、「1/6の夢旅人」の

歌手・樋口了一さんが登場し、

生歌を披露したそうですね。

 

私も愛猫家で水曜どうでしょうが

大好きなので、武田さんには、

妙に親近感を感じます(笑)

 

水曜どうでしょうの名物プロデューサー

藤村さんともテレビの企画で対談し、

「地味」「オーラがない」

「サラリーマンに夢を与える」など、

言われたい放題にいじられたそうですね。

 

どうでしょうファンからしたら、

羨ましい限りですが(^^)

 

北海道の人気番組のファンだからこそ、

より地元のファンに愛されたのかもしれませんね。

最後に

元日本ハムの投手・武田勝さんの

猫について書いてみました。

 

ポーカーフェイスな方として

知られていた武田さんですが、

猫の前ではデレデレなのでしょう。

 

猫好きに悪い人はいないと言いますが、

武田さんはその典型的な方ですね。

 

引退はされましたが、いずれ、

日本ハムのコーチとして

戻って来てほしいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。