猫好き斉藤和義の愛猫の種類と名前、画像は?「アレ」のMVに登場!

シンガーソングライターの斉藤和義さんは

大の猫好きで知られます。

 

斉藤和義さんは言わずと知れた

日本を代表するシンガーソングライターで、

「歩いて帰ろう」や「やさしくなりたい」

など数々のヒット曲を飛ばしています。

 

特に、「やさしくなりたい」は

『家政婦のミタ』の主題歌にもなり、

その年の紅白歌合戦にも出場していますね。

 

さて、そんな斉藤和義さんが大好きだという

猫たちに、ここでは迫ってみます。

1.斉藤和義の猫

斉藤さんはあまりプライベートを

明かしていません。

 

そのため、現在、何匹の猫を飼っていて、

どんなの猫を飼っているのか不明ですが、

一時は12匹の猫を飼っていたことも

あるそうですね。

 

4年程前の情報では、自宅で4匹の猫を

飼いつつ、自宅の庭にやってくる野良猫の

世話もしていたそうです。

 

猫を愛する斉藤さんはならではの

猫の接し方ですね。

 

少しでも殺処分を減らそうと、

何匹かの猫に避妊手術を

受けさせたこともあるそうで、

その行動力と正義感には本当に

頭が下がります。

 

斉藤さんのように、

殺処分を減らそうという意識が広がれば、

殺処分をゼロにできそうな気がしますね。

「アレ」のMVにも愛猫の姿が

「家売るオンナの逆襲」の主題歌『アレ』の

ミュージックビデオにも、

斉藤さんの愛猫の姿が映っています。

斉藤さんが自ら撮影、編集、監修したそうなので、

間違いなく斉藤さんの猫たちですね。

 

撫でられて気持ちよさそうに

顔をうずめるところ(0:52~)、

3匹の猫が仲良く座っているところ(1:29~)

随所に猫が映っていますが、

本当に可愛いです。

 

ビデオに映っているのは3匹ですかね。

 

他にも飼っている猫がいるかもしれませんが、

みんな雑種のようです。

 

斉藤さんに保護されて、幸せに

暮らしているのでしょう(^^)

 

しかし、このビデオは面白いですね。

 

斉藤さんが撮影しているので、

日常の風景だと思いますが、

何とも世界観が独特です。

CDのジャケットに愛猫の姿が

シングル「やわらかな日」のジャケットには

斉藤さんの愛猫が写っています。

 

このジャケットは斉藤さんが自ら

撮影したそうです。

 

2匹の猫が仲良く写っていて、

思わずホッコリしてしまいますね。

 

斉藤さんの家の猫は、

みんな幸せそうにのびのびと

暮らしていることが伝わりますね(^^)

2.ペットのためのチャリティ音楽フェスに参加

齋藤さんは、ペットの幸せと命を考える

HAPPY MUSIC FESTA」にも

参加されています。

 

このイベントは一般財団法人&PETSが

行っているもので、

・飼い主や住む家を失ったペットを救いたい

・殺処分されていく犬猫をゼロにしたい

という想いから始まりました。

 

イベントでは、チャリティーグッズの販売、

犬猫の譲渡会などが行われていて、

まさにペットのためのイベントですね。

 

現在も、名前や形を変えながら、

全国各地で開催されています。

 

斉藤さんは2013年の

HAPPY MUSIC FESTAに出演し、

大トリとして大いに会場を盛り上げました。

 

このとき、斉藤さんは、

ペットショップに行く前に、

愛護センターなどから譲り受けることも

考えて欲しいと訴えています。

 

 

本当に素晴らしいことですよね。

 

齋藤さんのような人気ミュージシャンは

影響力も大きいですし、

齋藤さんに続いて里親になろうという

ファンもいるかもしれません。

 

犬猫の殺処分をゼロにするには、

里親を探している子たちを引き取って、

無闇にペットショップに行かないことが

一番効果的です。

 

無理やり繁殖させられ、

ペットショップのゲージに押し込まれる。

 

売れ残ってしまい、そのまま引き取り手が

見つからなければ、処分される。

 

そんな状況、とても許せません。

 

命を売り物にする商売には、

本当に腹が立ちます。

 

ペットショップやブリーダーは

厳しく取り締まるべきだと思いますね。

 

この年のHAPPY MUSIC FESTAには、

斉藤さん以外に以下の方々が

参加されています。

・BONNIE PINK

・宮田和弥(JUN SKY WALKER)

・ジョン・B(ウルフルズ)

・浜崎貴司

・南美布

・IMALU

・まちゃまちゃ

・モリマンモリ夫

 

テレビでしか知らない方も多いですが、

犬猫に対する想いをお持ちなんだなぁと

思うと、親近感が湧きました。

 

形を変えても、殺処分がゼロになるまで、

頑張って続けてほしいですね!

3.斉藤和義を知れる「斉藤和義本」

デビュー20周年を記念してリリースされた

斉藤さんのエッセイ本です。

 

音楽のこと、恋愛のこと、家族のこと、

そして猫のことなど、斉藤和義という人物を

深く知ることができる一冊となっています。

 

斉藤さんのプライベートは謎に

包まれた部分も多いので、

この一冊は非常に貴重です。

 

ご自身のエッセイ本なのに、

ここでも猫について触れるということは、

本当に猫が好きなんでしょうね!

最後に

シンガーソングライター斉藤和義さんの

愛猫について、書いてみました。

 

知れば知るほど、斉藤さんの魅力に

ハマってしまいそうになります。

 

ミステリアスで男前で、なのに飄々としていて、

マンガの主人公のようなカッコよさがあります。

 

20年以上も活躍されていますが、

着飾らない姿と音楽が長く支持される

秘訣なのでしょう。

 

同じ愛猫家で殺処分をゼロにしたいという

想いを持っていますので、

今後もご活躍されることを期待したいです。

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。