鈴木えみの猫の名前、種類と画像は?インスタアカウントを調査!

モデルとして活躍されている鈴木えみさんは

猫好きとして知られています。

 

鈴木さんは「Bebi(べび)」と

Danyo(ダニョ)」という2匹の猫を

飼っておられます。

 

鈴木さんのファンの方、猫好きの方は、

BebiとDanyoがどんな猫なのか、

気になるところでしょう。

 

ここでは、鈴木さんの2匹の猫について

書いてみます。

「Bebi」

 

View this post on Instagram

 

EMI SUZUKIさん(@emisuzuki_official)がシェアした投稿

Bebiはベンガルの男の子です。

 

豹柄と筋肉質な体格がカッコイイですね!

 

鈴木さんは幼い頃から当たり前のように

動物と一緒に生活していたそうで、

一人暮らしを始めてから

猫を飼い始めたそうです。

 

手と体だけ見るとまるで虎のようですが、

仕草は猫ですね。

 

ベンガルは体だけ見ると凶暴そうですが、

実は、大人しくて人懐っこく、

甘えん坊で可愛らしい性格です。

 

見た目とは裏腹に、

とっても飼いやすい猫みたいですね。

 

怖そうなルックスなのに性格は可愛いとか、

そのギャップに萌えそうになります(笑)

「Danyo」

 

View this post on Instagram

 

EMI SUZUKIさん(@emisuzuki_official)がシェアした投稿

Danyoはマンチカンの女の子です。

 

Danyoは雑誌撮影のモデル猫として

やって来たそうですが、

そのとき、短い足で一生懸命走る姿に

一目惚れし、誰にも渡したくない!

と思って譲ってもらったそうです。

 

犬で言うダックスフンドのように、

短い足で一生懸命走る動物って

可愛いですよね!

 

人間だと短足はスタイルが悪く見えますが、

猫や犬の場合は可愛く見えますね。

 

私は寸胴で座高が高く、足が短いので、

ダックスフンドやマンチカンが

羨ましいです(笑)

 

真っ白な毛並みで、さぞスラっとした

猫なのかなと思いきや足が短いと言う、

こちらもそのギャップにやられそうです。

以前はアビシニアンを飼っていた

BebiとDanyoを迎える以前にも、

鈴木さんはアビシニアンの猫を

2匹飼っていました。

 

2匹目のアビシニアンは、

ペットショップで風邪を引き、

片目が白内障のようになってしまったため、

売りに出せないと聞き、

鈴木さんが引き取ったそうです。

 

売りに出せないって…

鈴木さんが引き取っていなければ、

処分されていたのでしょう。

 

ペットショップは動物の命を

モノとしか考えていませんね。

 

本当に許せません。

 

悪質なペットショップやブリーダーは

厳しく取り締まりつつ、

最終的には、この世からなくなってほしいと

切に思いますね。

 

そんな片目に障害を負った猫を引き取って

最後までお世話をした鈴木さんは

本当に猫が好きなんでしょうね。

犬も2匹飼っている

鈴木さんはBebiとDanyoの他に、

ミニチュアダックスの「キラリ」と

ミニチュアシュナウダーの「クロム」と

2匹の犬も飼っておられます。

 

View this post on Instagram

 

EMI SUZUKIさん(@emisuzuki_official)がシェアした投稿

猫2匹はクロムのことをビビっているようで

4匹の動物たちの中ではボスのような

存在なのかもしれません。

 

キラリは母性本能が強いらしく、

子猫だったときに出るはずもないのに

おっぱいをあげようとして、

乳腺炎になったこともあるそうです。

 

犬が子猫に対して、そんな行動を

取ることもあるなんて、驚きました。

 

BebiとDanyoはクロムにビビりながらも、

2匹の犬と良好な関係を

築いているようですね。

最後に

鈴木さんは、動物を飼うことで、

お世話をすることに精一杯になり、

落ち込む暇もないと話しておられます。

 

猫を飼うことで、癒しと安らぎを

得られるのは間違いありませんが、

お世話に忙しくなり、

嫌なことも忘れられるという

メリットもあるかもしれませんね。

 

特に赤ちゃんのときは、約3時間おきに

ミルクをあげないといけませんし、

トイレも手がかかりますし、

とにかく大変です。

 

しかし、嫌なことを考えなくて済むので、

気晴らしになってよいかもしれませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。