猫好きな政治家・議員の先生を紹介!石破茂に岡田克也も猫が好き!

政治家や議員の先生と聞くと、

何だかお堅い人が多そうですが、

猫好きな方も多くおられます。

 

政治家は人によって考えが全く異なりますし、

自分とすべての考えが一致するという人は、

そうそういないでしょう。

 

しかし、猫好きというだけで親近感が湧きますし、

意外な一面を知ることができて、

その人に興味を持つこともあるかもしれません。

 

ここでは、猫好きな政治家を3名ご紹介してみます。

石破茂

政治家で猫好きと言えば、

真っ先に石破茂さんが浮かぶことでしょう。

 

鳥取で生まれ育った石破さんは、

生活圏には常に猫がいたそうで、

学校帰りに子猫を拾ってきては、

親から「捨ててきなさい!」と

怒られていたそうです。

 

防衛長官時代にケガをした猫を

保護した経験があるそうですが、

当時暮らしていた議員宿舎では規則で

動物は飼えなかったため、

引き取ってくれる人を探したこともあるそうです。

 

また、石破さんは猫が好きなだけではなく、

猫に好かれるという特質もあるそうで、

石破さんがテレビに登場すると、

猫が異様に興奮し始める伝説も噂されました。

警戒心が強く、普段は人間に目もくれない猫が、

石破さんにだけは身体を投げ出して、

触ってほしそうなポーズを取ったこともあるんだとか。

 

猫を愛し、猫に愛される石破さん。

小動物を可愛がれる人に悪い人はいません。

怖そうな顔ですが、非常に優しい方なんですね。

そのギャップに惚れてしまいそうになりました(笑)

岡田克也

次は、元民主党代表の岡田克也さんです。

 

岡田さんは”猫好き”というより、

石破さんと同様、”猫に好かれる”人ですね。

 

「田勢康弘の週刊ニュース新書」に出演した際、

スタジオ内を自由に歩き回る猫が

岡田さんの膝の上でリラックスしている様子が

話題になりました。

 

リラックスする猫を柔和な表情で撫でる岡田さん。

岡田さんは型物として知られ、

蓮舫さんからも「つまらない男」と

揶揄されたこともありますが、

猫からは好かれるようですね。

 

岡田さんの雰囲気を感じ取って、

危害を加えないだろうと

安心しているのかもしれませんね。

 

岡田さんは犬派らしいですが、

猫を撫でる表情を見ると、

猫も好きなんでしょうね(^^)

塩村文夏

次は、元東京都議の塩村文夏さんです。

 

2017年の衆議院議員選挙に出馬するも落選し、

現在は無所属として活動されていますね。

 

東京都議会のヤジ問題で有名になりましたが、

塩村さんは猫好きとして知られていて、

里親として3匹の猫を引き取り育てておられます。

塩村さんは「譲渡の拡大に頼らないペット殺処分ゼロ

を政策に掲げ、コンビニの商品のように犬猫を

陳列するペットショップの在り方を変えようと

取り組んでおられます。

 

塩村さんのおっしゃるとおりで、

犬猫の殺処分をゼロにするためには、

悪質なペットショップやブリーダーを

厳しく取り締まることが第一歩です。

 

命を売り物にする悪質な商売は、ぜひ、

この世から消えてなくなってほしいですね。

 

塩村さんは政治家としてはどうなのかなと思いますが…

この政策は素晴らしいので、

ぜひ、根気強く活動を続けてほしいです。

犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟

「殺処分ゼロの社会」を目指し、

超党派の国会議員により議員連盟が設立され、

国会から声をあげて殺処分ゼロを目指す活動が

行われています。

 

「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」

に関係する国会議員は以下のとおりです。

尾辻秀久(自民党)

鴨下一郎(自民党)

山際太志郎(自民党)

三原じゅん子(自民党)

浮島智子(公明党)

福島瑞穂(社民党)

牧原秀樹(自民党)

泉健太(国民民主党)

生方幸夫(立憲民主党)

高井崇志(立憲民主党)

田中英之(自民党)

中野洋昌(公明党)

小宮山泰子(国民民主党)

藤田幸久(国民民主党)

下地幹郎(維新の会)

武田良介(共産党)

 

本当に、色んな政党の議員が集まっていますね。

 

動物愛護のため、主義主張が合わなくても、

強力しあう姿は頼もしいです。

 

しかし、連盟を設立するだけでは意味がありません。

 

設立からすでに4年が経とうとしていますが、

いまだ成果が上がっていないのが現状です。

 

これから、殺処分ゼロに向けて

どんな成果を上げてくれるのか、

応援しつつも厳しく見守りたいと思います。

最後に

猫好きな政治家・議員の先生方をご紹介しました。

 

個人的に、あまり好きではない

政治家もおられますが、

猫好きというだけで、

思わず応援したくなります(笑)

 

動物以外の政策は、みな考えが違えど、

多くの犬猫が殺処分されている現状を変えたいと

考えている政治家がこれだけいてくれるのは、

心強い限りです。

 

ぜひ、何かしら成果を残してほしいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。