ピュリナワンの塩分は多い?猫の腎臓病の予防に有利なの?

猫に塩分の摂りすぎは良くないって聞くけど…

ピュリナワンの塩分はどれくらいなのかな?

そんな不安を抱えた方もおられることでしょう。

猫は腎臓病にかかりやすく、10歳以上の高齢猫の実に3~4割は慢性腎不全を患っていると言われています。

腎臓病は、塩分などミネラル分の過剰摂取も原因となるので、できる限り控えておくべきです。

この記事を読んで、塩分過剰となるキャットフードの基準と、ピュリナワンの塩分量について理解すると、不安も解消されることでしょう。

我が家の失敗談も踏まえながら、ご紹介していきます。

1.そもそも塩分過剰の基準は?

塩分過剰と言える基準は、原材料にナトリウムや食塩が記載されているか否かです。

成分表にナトリウムが記載されているフードもありますが、これは肉や野菜に微量ながら含まれる自然由来のものです。

しかし、原材料に含まれるナトリウムは、製造時にあえて混入しているものです。

原材料にナトリウムが記載されているということは、それだけ多くの塩分が使用されていることになります。

 

チビ

なんで、あえて塩分を混入するの?

塩分を多く使用することで、猫の食いつきを良くする効果があるからです。

猫の食いつきが悪ければ売り物にならないため、あえて塩分を混入しているキャットフードも多く存在します。

私は猫を飼い始めて間もないころ、キャットフードに無頓着で、市販の安いフードを適当に選んでいましたが、改めて原材料を見ると、食塩やナトリウムが含まれていることに気づき、自分の勉強不足を反省したことがあります。

猫も人間と一緒で、塩分が多い濃い味の食べ物を美味しく感じるようですが、塩分過剰はもちろん、健康に良くありません。

猫の塩分過剰摂取を抑えるためにも、慎重にキャットフードを選んであげたいですね。

 

チビ

成分表のナトリウムはいくらでもいいの?

成分表のナトリウムは自然由来のものなので、あまり気にする必要はありませんが、あまりに含有量が多すぎる場合は、塩分過剰になるので、避けたいですね。

アメリカのAAFCO(米国飼料検査官協)は、キャットフードに最低0.2%のナトリウムを含むこを基準としています。

しかし、これはあくまで最低基準です。

猫が生きていくためには、最低0.2%のナトリウム含有量が必要で、これが0.1%の場合、必要なナトリウムが不足してしまう、ということです。

市販のキャットフードを見ると分かりますが、成分表のナトリウムが0.2%なんて商品はないと言って良く、ほとんどのフードは0.8~0.9%で、塩分控えめのフードでも0.3~0.5%です。

よって、成分表のナトリウムが0.8~0.9%を大きく上回るようであれば、明らかに塩分過剰なので、避けるべきですね。

2.ピュリナワンの塩分は?

ピュリナワンには多くの種類があるので、以下の2種類のフードについて原材料と成分を見てみます。

・オーソドックスな「美味を求める成猫用 1歳以上 チキン

・腎臓に配慮した「優しく腎臓の健康サポート 11歳以上 チキン

 

ピュリナワン 美味を求める成猫用 1歳以上チキン
原材料 チキン、米、コーングルテンミール、家禽ミール、小麦粉、油脂類(牛脂、大豆油)、とうもろこし、フィッシュミール、大豆たんぱく、酵母、フィッシュパウダー、たんぱく加水分解物、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素ピロリン酸ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(リジン、タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
成分 タンパク質 :33%以上
脂質    :13%以上
繊維    :2%以下
灰分    :8.5%以下
水分    :12%以下
リン    :1.1%
マグネシウム:0.09%
タウリン  :0.15%
リノール類 :1.4%
カルシウム :1.3%
ビタミンA :11,000IU/kg
ビタミンE :100IU/kg
グルコサミン:400ppm

 

ピュリナワン 優しく腎臓の健康サポート 11歳以上チキン
原材料 チキン、チキンミール(グルコサミン源、コラーゲン源)、米、コーングルテン、脱脂大豆、大豆外皮、大麦、牛脂、とうもろこし、大豆たんぱく、えんどう豆、ニンジン、たんぱく加水分解物、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(リジン、タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
成分 タンパク質 :36%以上
脂質    :13%以上
繊維    :4%以下
灰分    :9%以下
水分    :12%以下
リン    :0.9%
マグネシウム:0.1%
タウリン  :0.15%
リノール類 :1.4%
カルシウム :1.0%
ビタミンA :10,000IU/kg
ビタミンE :550IU/kg
グルコサミン:400ppm

ピュリナワンの原材料を見ると、2種類のフードとも、原材料にナトリウムが含まれています。

従って、ピュリナワンの2種類の商品とも、塩分過剰と言わざるを得ません。

ピュリナワンの安全性はどうなの?

原材料を見ると、2つのフードとも、原材料に穀物添加物が含まれていることがわかります。

美味を求める成猫用 1歳以上チキン

・穀物:コーングルテンミール、小麦粉、とうもろこし

・添加物:カラメル色素、酸化防止剤

優しく腎臓の健康サポート 11歳以上チキン

・穀物:コーングルテン、大麦、とうもろこし

・添加物:カラメル色素、酸化防止剤

 

2つとも、穀物が3種類、添加物が2種類も含まれています。

穀物と添加物を多く含んでいるため、安全性にも疑問が残ります。

 

チビ

穀物はなんでダメなの?

穀物は猫にとって消化が難しく、体内に消化不良のまま蓄積し、アレルギーや下痢を起こす恐れがあります。

穀物はフードの嵩を増すために使用されることがありますが、猫の健康を考えて、肉や魚のみで作られたフードを選びたいですね。

ピュリナワンにもグレインフリーフードはあります。

中身の詳細については、以下の記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

 

チビ

穀物でアレルギーか…それは怖いね

チビ

次に、添加物はなんでダメなの?

添加物は発がん性物質を含んでいたり、免疫力を低下させたり、腸内の悪玉菌を増やして下痢を起こしたりと、猫の健康に悪いことばかりです。

人間も、食の安全から添加物は避けられる傾向にありますよね?

添加物を使用することでコストを抑えられますが、猫の健康を思うなら、添加物の含まれていないフードを選んであげたいですね。

塩分控えめで安全なフードは?

塩分が控えめ、かつ、安全なフードで私がおすすめするのは、カナガンキャットフードです。

カナガンの原材料と成分を見てみます。

原材料 乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類、ビタミン類、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ
成分 粗タンパク質 :37.00%
脂質     :20.00%
粗繊維    :1.5%
粗灰分    :8.5%
水分     :7.00%
オメガ6脂肪酸:2.99%
オメガ3脂肪酸:0.82%
リン     :1.40%
マグネシウム :0.09%
ナトリウム  :0.80%
カルシウム  :1.58%
カリウム   :0.70%

カナガンの原材料を見ると、ナトリウムや食塩が含まれていないことが分かりますし、成分表のナトリウムも0.80%で標準的です。

原材料としてナトリウムや食塩を含めておらず、自然由来のナトリウムしか含まれていないので、塩分は控えめと言って良いでしょう。

チビ

カナガンの安全性はどうなの?

カナガンの原材料を見ると、穀物と添加物が含まれていないことが分かります。

猫にとって害悪な原材料を含まず、代わりに良質な素材のみを含んでいるので、安全性は非常に高いと言って良いでしょう。

カナガンの安全性については、以下の記事で詳細をまとめていますので、参考にしてみてください。

 

我が家の猫たちは、カナガンを1年以上食べ続けていますが、大きな病気をすることもなく元気そのものです。

先日、2匹目の猫が動物病院で健康診断を受けましたが、至って正常な値で、獣医さんからも今の生活を続けてくださいとお墨付きいただくことができました。

 

チビ

でも、カナガンにもデメリットはあるんでしょ?

もちろん、カナガンにもデメリットはあります。

他のフードに比べて、価格が高いんです。

名称 ピュリナワン
美味を求める成猫用
ピュリナワン
腎臓の健康サポート
カナガン
キャットフード
販売単価
(最安値)
1,481円
(2.2kg)
1,527円
(2.2kg)
3,960円
(1.5kg)
1kgあたり単価 673円 694円 2,640円

キャットフードはずっと買い続けるものなので、価格が高いと腰が引けるのも理解できます。

しかし、カナガンが高価なのは、メイン食材に良質な鶏肉を使用したり、厳選された食材のみを使用しているからです。

安価なフードの中には、嵩を増すために穀物を使用したり、コストを抑えるために添加物を使用しているものもありますが、穀物や添加物が猫の健康に悪いのは、すでに書いた通りですね。

カナガンは猫の健康を考えて、厳選された食材のみで作られているので、コストがかかってしまうんです。

安いフードを食べさせたばっかりに、猫が病気になってしまっては、治療費の方が高くついてしまう可能性もあります。

何より、愛猫が病気で苦しむ姿を見るのがつらいですよね?

高価かもしれませんが、愛猫の健康を考えて安全なフードを選びますか?

それとも、お財布事情を優先して、愛猫の健康を害しますか?

愛猫の健康を想うなら、ぜひ、安全なカナガンキャットフードを選ぶことをオススメします。

カナガンを最安値で購入出来る方法を以下の記事にまとめていますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

カナガンキャットフードの最安値は?口コミ・評価・感想は?
https://ebisu-life.biz/1883.html
カナガンキャットフードの最安値をお探しの方、必見です! カナガンキャットフードの最安値はズバリ、公式サイトからの購入です。カナガンの公式サイトはこちら!公式サイトと大手通販サイトの価格を比較してみます。販売元公式サイトAmazon楽天ヤフーショッピ...

3.猫の塩分摂取状況をチェック!

愛猫の塩分摂取量が気になるなら、以下の3点をチェックしてみましょう。

 

・人間の食べ物を与えていないか

・猫用おやつをあげ過ぎていないか

 

人間の食べ物を与えていないか

人間の食べ物は猫にとってかなりの高塩分です。

もし、当たり前のように猫に人間のご飯を与えているなら、すぐにでも止めるべきですね。

我が家でも、食パンの端っこをたま~にあげることもありますが、塩分を含むものは頑としてあげません。

盗み食いされる恐れもあるので、こまめに片づけを行うなど、徹底して人間の食べ物を口にさせないよう気を付けています。

猫用おやつをあげ過ぎていないか

猫用おやつの中には、非常に高塩分なものもあります。

少しだけだから…と思っていても、毎日の積み重ねで塩分過剰になる恐れがあるので、すぐに見直すべきでしょう。

愛猫がおやつをおねだりしてきたら、うるさいし可愛いし、思わずあげてしまいそうになりますが、そこは心を鬼にして、一日の決まったご飯以外はあげないようにしたいですね。

まとめ

ピュリナワンの塩分について、書いてみました。

キャットフードが塩分過剰か否かは、原材料にナトリウムや食塩が含まれていないかチェックすると良いでしょう。

ピュリナワンは検証した2つのフードとも、原材料にナトリウムが含まれており、塩分過剰と言わざるを得ません。

また、穀物と添加物も含まれており、安全性にも疑問が残ります。

その点、カナガンキャットフードは原材料にナトリウムも食塩も含まれておらず、穀物・添加物も含まれていないため、塩分も控えめですし、安全性も高いと言えます。

愛猫の健康を想うなら、ぜひ、カナガンキャットフードを試してみるべきでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。