ピュリナワンキャットフードは避妊・去勢後に最適?肥満も防止可能?

ピュリナワンを避妊・去勢後の猫に食べさせても大丈夫なの?

ピュリナワンの避妊・去勢後の体重ケア商品って、中身はどうなの?

そんな不安を抱えた方もおられることでしょう。

確かに、猫は避妊・去勢手術を受けると体質が変化しますし、術前と同じようにご飯を食べさせるわけにはいきません。

この記事を読んで、避妊・去勢手術後の猫に食べさせるべきフードと「ピュリナワン 避妊・去勢後の体重ケア」の中身について理解すると、そんな不安も解消されることでしょう。

我が家の失敗談も踏まえながら、ご紹介していきます。

1.避妊・去勢後の猫に食べさせるべきフードは?

猫の去勢・避妊後はエネルギー消費量が大きく減少し、肥満になりやすくなるため、カロリーと給餌量のケアが重要になります。

そのため、避妊・去勢後でもフードの中身は関係なく、カロリー計算から給餌量をしっかり管理することが大切です。

一見すると、低カロリーなフードの方が良いように思いますが、いくら低カロリーフードでも、過剰に食べさせてしまっては、肥満になってしまいます。

逆に、高カロリーなフードでも、しっかりカロリー計算をして給餌量を管理できたら、肥満は防止できます。

我が家の1匹目の猫は避妊手術後も、ご飯を欲しがるままに食べさせていたため、当然ながら肥満になってしまいました。

獣医さんからも注意を受け、自分の勉強不足を反省し、しっかり給餌量を管理するようにしたところ、現在はやや肥満にまで戻すことができました。

猫がご飯を欲しがるときは?

チビ

ご飯が減ったらお腹が空いて我慢できないよ

確かに、ご飯を減らすだけでは、猫も空腹を我慢できなくなります。

人間も、ご飯を減らすだけでダイエットができたら苦労しませんよね?

人間にできないことを、猫に強要するわけにいきません。

そこで、ご飯を小分けにして、回数を増やして与えることで、猫の空腹感を紛らわすことができます。

これまで2回に分けていたなら、3回〜4回に分けてあげると、非常に効果的です。

我が家の猫も、ダイエットを始めた当初は、空腹でニャーニャーとご飯くれアピールがうるさくて仕方ありませんでした。

しかし、朝晩の2回のご飯をさらに小分けし、4回に分けて食べさせることで、ご飯くれアピールはかなりマシになりました。

1回のご飯量を減らすことで、ご飯の嘔吐も防止できますし、簡単な方法なのでオススメですよ!

2.ピュリナワン避妊・去勢後の体重ケアの効果は?

避妊・去勢手術後の猫をお飼いの方は、「ピュリナワン 避妊・去勢後の体重ケア」に興味を持たれることでしょう。

カロリーは100グラムあたり約330kcalと、かなり低カロリーです。

 

しかし、すでに述べたとおり、猫の体重ケアには、フードの種類よりも、カロリー計算から給餌量をしっかり管理することが大切です。

よって、低カロリーフードにこだわるよりも、猫の健康に良く、安全なフードを選ぶ方が重要と言えます。

ピュリナワンの体重ケアは安全なの?

まずは、原材料・成分を見てみます。

原材料 ターキー、米、コーングルテンミール家禽ミール、大豆ミール、とうもろこし、酵母、フィッシュミール、セルロース、油脂類(牛脂、大豆油)、大豆たんぱく、大豆外皮、たんぱく加水分解物、ほうれん草、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素ピロリン酸ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
成分 タンパク質 :38%以上
脂質    :8.5%以上
繊維    :5%以下
灰分    :9%以下
水分    :12%以下
リン    :0.9%
マグネシウム:0.12%
タウリン  :0.15%
リノール類 :1.4%
カルシウム :1.0%
ビタミンA :10,000IU/kg
ビタミンD :800IU/kg
ビタミンE :100IU/kg

原材料を見ると、穀物としてコーングルテンミール、とうもろこしを含み、添加物としてカラメル色素、酸化防止剤を含んでいます。

穀物は猫にとって消化が難しく、体内に蓄積し、アレルギーを発症する恐れがあります。

添加物は発がん性物質を含んだり、免疫力を低下させたり、腸内の悪玉菌を増やして下痢を起こしたりと百害あって一利なしです。

穀物・添加物を2種類ずつ含んでおり、安全性は非常に低いと言わざるを得ません。

 

我が家も使用している、安全でオススメのフードは、カナガンキャットフードです。

カナガンは穀物・添加物不使用でアレルギーや下痢のリスクが限りなく低く、メイン食材にも良質な鶏肉を使用しており、良質なタンパク質を豊富に摂取することができます。

原材料・成分だけ見ると、非常に安全性の高いフードであることが分かりますね。

カナガンの安全性については、以下の記事に詳細をまとめていますので、ぜひ、参考にしてみてください。

 

我が家の猫たちはカナガンを1年以上食べていますが、大きな病気にかかることもなく、健康に過ごしてくれています。

先日、我が家の2匹目の猫が動物病院で健康診断を受けましたが、至って健康で、獣医さんからも今の生活を続けてくださいとお墨付きをいただくことができました。

チビ

メリットだけじゃなくて、デメリットもあるんだよね?

カナガンのデメリットは高価なことです。

・ピュリナワン グレインフリー1袋(2.2kg):1,463円、1kgあたり:665

・カナガン1袋(1.5kg):3,960円、1kgあたり:2,640

 

1kgあたりの金額で見ると、その差額は実に1,975円です。

カナガンが高価な理由は、メイン食材に良質な鶏肉のみを使用したり、厳選された健康的な原材料を使用しており、コストがかかっているためです。

安価なフードでは、嵩を増すために穀物を使用したり、コストを抑えるために添加物を使用していますが、穀物も添加物も猫の健康を害してしまいます。

カナガンは高価ではありますが、これは、素材にこだわり、安全であることの裏返しであると言えます。

愛猫の健康を考えて、やや高価ではありますが、安全なフードを選びますか?

それとも、経済性を優先して、愛猫の健康を害すフードを選びますか?

愛猫の健康を考えるなら、ぜひ、カナガンを試してみることをオススメします。

カナガンを最安値で購入出来る方法を以下の記事にまとめていますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

まとめ

猫は避妊・去勢手術を受けた後は肥満になりやすくなるため、ご飯の管理が重要になります。

しかしながら、フードの種類は関係なく、結局はカロリー計算から、しっかり給餌量を管理することが大切です。

ピュリナワンにも避妊・去勢後の体重ケア商品が販売されていますが、穀物・添加物を2種類ずつ含んでおり、残念ながら、安全性は低いと言わざるを得ません。

その点、カナガンキャットフードは安全性が非常に高く、オススメです。

愛猫の健康を考えるなら、ぜひ、カナガンを試してみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。