ピュリナワンの猫への安全性は?原材料・成分表から検証してみる!

ピュリナワンってよく聞くけど、安全なの?

そんな不安を抱えた方もおられることでしょう。

ピュリナワンはあの超大手企業・ネスレが販売する商品ですし、安心かな…と思ってしまいそうですが、実際のところはどうなのでしょうか?

この記事を読んで、安全なキャットフードの条件からピュリナワンの安全性を理解すると、そんな不安も解消されることでしょう。

私が猫の健康を考えて、悩みに悩んで選んだキャットフードもご紹介しながら、フードの安全性を見ていきます。

1.キャットフードの安全性の基準

ピュリナワンの安全性を見る前に、安全なキャットフードの基準が分からないと、評価もできませんよね。

安全なキャットフードには様々な条件がありますが、
以下の3つの条件は最低限満たす必要があります。

1:メイン食材が良質で高タンパク

フードのメイン食材には、鶏の生肉など、
人間も食べられるような良質な原材料を使用したものが安心です。

フードによっては、穀物をメインにしたものもありますが、穀物からは良質なタンパク質を得られず、十分なエネルギーを吸収できません。

また、鶏でも「ミール」には注意が必要です。

ミールの中には、人間が食べられないような、内臓・骨・羽・嘴などを砕いて混ぜたものもありますが、こんなものが混ざっていたら、猫も上手く消化できなくて当たり前です。

良質なミールもありますが、中には質の悪いものもありますので、原材料に肉の部位であることが明記されたフードが安全ですね。

2:穀物を含まない

穀物は猫にとって消化が難しい食材です。

消化が難しく体内に蓄積することで、アレルギーを発症したり、下痢を起こすリスクを高めます。

穀物からは必須栄養素が得られず、健康上のリスクを高めるだけで、避けるべき食材です。

3:添加物を含まない

添加物は発がん性物質を含んだり、免疫力を低下させたり、腸内の悪玉菌を増やして下痢を起こしたりと、百害あって一利なしです。

人間でも、近年は健康を気にして、添加物の入った食料品は避ける傾向にありますよね?

私もコンビニ弁当をめっきり食べなくなりました。

フードの中には、香りをつけるために香料、長期保存のために酸化防止剤など、添加物が入ったものもありますが、猫の健康を考えるなら、避けるべきですね。

2.ピュリナワンの原材料・成分表を評価してみる

安全なキャットフードの3つの条件をご紹介したところで、ピュリナワンの原材料・成分表から、安全性を評価してみます。

ピュリナワンには様々な商品がありますが、ここでは成猫用の「1歳以上 美味を求める成猫用 チキン」の原材料と成分表を見てみます。

原材料 チキン、米、コーングルテンミール家禽ミール小麦粉、油脂類(牛脂、大豆油)、とうもろこし、フィッシュミール、大豆たんぱく、酵母、フィッシュパウダー、たんぱく加水分解物、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素ピロリン酸ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(リジン、タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
成分 タンパク質 :33%以上
脂質    :13%以上
繊維    :2%以下
灰分    :8.5%以下
水分    :12%以下
リン    :1.1%
マグネシウム:0.09%
タウリン  :0.15%
リノール類 :1.4%
カルシウム :1.3%
ビタミンA :11,000IU/kg
ビタミンE :100IU/kg
グルコサミン:400ppm

 

原材料・成分を見て、以下のようにプラス評価・マイナス評価をつけました。

プラス評価

・特になし

マイナス評価メイン食材に家禽ミールが使用されている

穀物として小麦・トウモロコシ・コーングルテンミールを含まれている

添加物として酸化防止剤・カラメル色素が含まれている

・原材料にナトリウムが含まれている

プラスに評価できる要素は何もなく、マイナス評価ばかりが目立つ結果となってしまいました…。

メイン食材の家禽ミールは、もしかすると良質な肉を砕いたものかもしれませんが、何とも怪しいです。

穀物・添加物も含まれていますし、大いにマイナス。

さらに、原材料にナトリウムが含まれており、塩分過剰と言えます。

以上から、残念ながら、ピュリナワンの安全性は低いと言わざるを得ません。

3.我が家が選んだ安全なキャットフード

我が家では、カナガンキャットフードを食べさせています。

ピュリナワンと同じく、カナガンキャットフードの原材料・成分表を見てもらいましょう。

原材料 乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類、ビタミン類、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ
成分 粗タンパク質 :37.00%
脂質     :20.00%
粗繊維    :1.5%
粗灰分    :8.5%
水分     :7.00%
オメガ6脂肪酸:2.99%
オメガ3脂肪酸:0.82%
リン     :1.40%
マグネシウム :0.09%
ナトリウム  :0.80%
カルシウム  :1.58%
カリウム   :0.70%

 

原材料を見ると分かるように、穀物・添加物は一切使用されていません。

また、メイン食材も、乾燥チキン・骨抜きチキン生肉と肉の部位が合計60.5%も占めており、非常に良質であることが分かります。

さらに、猫の尿管結石防止に効果のあるクランベリーやオメガ3脂肪酸も豊富に含まれており、腎臓病になりやすい猫にとって、ありがたい中身となっています。

カナガンと尿管結石の関係については、以下の記事で詳細を書いていますので、ぜひ、参考にしてみてください。

 

我が家の猫たちは1年以上カナガンを食べていますが、大きな病気にかからず、健康をキープしています。

先日、我が家の2匹目の猫が動物病院で健康診断を受けましたが、結果は至って健康。

獣医さんからも、今の生活を続けてくださいとお墨付きをいただくことができました。

愛猫の健康を考えるなら、ぜひ、カナガンキャットフードをおすすめします!

カナガンキャットフードの安全性については、以下の記事に詳細を書いていますので、ぜひ、参考にしてみてください。

まとめ

ピュリナワンの安全性について、書いてみました。

キャットフードの安全性は、メイン食材の質、穀物・添加物を含むか否かによって決まってきます。

その点、この記事で検証してみた「ピュリナワン 1歳以上 美味を求める成猫用 チキン」では、メイン食材に家禽ミールを含んでいたり、小麦・トウモロコシ・カラメル色素・酸化防止剤を含んでいたりと、安全性は低いと言わざるを得ません。

そこで、我が家でも使用しているカナガンキャットフードは安全性の3条件をすべて満たしており、安全性が非常に高くオススメですよ。

安全なキャットフードをお探しの方は、ぜひ、試してみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。