カナガンキャットフードとロイヤルカナン|猫の健康面や価格を比較!

カナガンキャットフードとロイヤルカナンはどっちが良いの?

キャットフードを購入するにあたって、2種類のフードから悩むこともあると思います。

 

私も数あるキャットフードの中から、カナガンやロイヤルカナンやオリジンなど、どれも良さそうに見えて、迷いに迷ったことがあります。

この記事を読んで、カナガンとロイヤルカナンとの違いを理解すれば、どちらのキャットフードが良いのか、迷いがなくなることでしょう。

私が最終的に決めたキャットフードはカナガンでしたが、なぜカナガンに決めるに至ったのか、ご紹介します。

1.カナガンとロイヤルカナンの違い【素材】

まずは、カナガンとロイヤルカナンの素材の違いを見ていきます。

カナガン ロイヤルカナン
乾燥チキン、骨抜きチキン、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂、乾燥全卵、チキングレイビー、サーモンオイル、ミネラル類、ビタミン類、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ 肉類(鶏、七面鳥)、米、小麦トウモロコシ、植物性分離タンパク、動物性脂肪、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、小麦粉、植物性繊維、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、大豆油、フラクトオリゴ糖、魚油、サイリウム、アミノ酸類、ゼオライト、ミネラル類、ビタミン類、酸化防止剤

どちらもメイン食材に鶏を使用している点は良いですね。

しかし、ロイヤルカナンは小麦・トウモロコシ・酸化防止剤を使用している点はマイナスです。

小麦・トウモロコシといった穀物は、猫にとって消化しづらい食材で、消化不良で便秘を起こすリスクが高まります。

 

また、猫は穀物アレルギーを持った子が多いので、必須栄養素が含まれておらず、必ず摂取する必要がない穀物は避ける方が安心なのです。

次に、酸化防止剤ですが、添加物は発がん性物質を含んでいたり、免疫力を低下させたりと、百害あって一利なしです。

人間の食べ物でも、安全な食べ物には添加物が含まれていませんよね?

猫も一緒で、安全なフードを求めるなら、添加物は避けるべきなのです。

2.カナガンとロイヤルカナンの違い【成分】

次に、カナガンとロイヤルカナンの成分の違いを見ていきます。

カナガン ロイヤルカナン
粗タンパク質  :37.00% タンパク質   :25.00%
脂質      :20.00% 脂質      :11.00%
粗繊維     :1.50% 粗繊維     :5.00%
粗灰分     :8.50% 灰分      :8.00%
水分      :7.00% 水分      :6.50%
オメガ6脂肪酸:2.99% オメガ6脂肪酸:3.33%
オメガ3脂肪酸:0.82% オメガ3脂肪酸:0.63%
リン      :1.40% リン      :0.84%
マグネシウム  :0.09% マグネシウム  :0.08%
ナトリウム   :0.80% ナトリウム   :0.50%
カルシウム   :1.58% カルシウム   :1.10%
カリウム    :0.70% カリウム    :0.65%

成分を比べると、カナガンのタンパク質の豊富さが良く分かります。

ロイヤルカナンも子猫用など、成長期の猫用は、タンパク質34.0%と高タンパクですが、それでもカナガンが上回ります。

猫はタンパク質からエネルギーを得るため、子猫や健康な猫には、効率良くタンパク質が摂取できるカナガンが有利と言えます。

一方、シニア猫のように腎機能に不安のある猫は、タンパク質を腎臓で処理しきれず、負担をかけてしまうため、高タンパクなカナガンは避けて、ロイヤルカナンのシニア猫用キャットフードなどを選ぶと良いでしょう。

3.カナガンとロイヤルカナンの違い【価格】

カナガンとロイヤルカナンの最安値同士で比較してみます。

カナガン(公式サイト) ロイヤルカナン(Amazon)
3,960円(1.5kg) 4,760円(4.0kg)
2,640円(1kgあたり) 1,190円(1kgあたり)

価格を比較すると、ロイヤルカナンはカナガンの半額以下になり、圧倒的に安いことが分かります。

カナガンは定期購入を申し込むと、最大20%割引になり、1kgあたり2,112円となりますが、それでもまだ、両者の価格差は大きいですね。

家計の負担を考えると、価格面では、ロイヤルカナンが有利です。

4.我が家がカナガンを選んだ理由

素材面ではカナガン、価格面ではロイヤルカナンが有利ですが、我が家ではカナガンを選びました。

その理由は、やはりフードの安全性です。

良いキャットフードには以下の3つの条件があります。

・高タンパクで脂質とのバランスが良い

・穀物を含まない

・添加物を含まない

 

カナガンは高タンパクで脂質とのバランスも良く、猫がエネルギーを効率よく吸収できるよう作られています。

また、穀物・添加物を含まないため、穀物アレルギーや添加物の危険な副作用も避けられて、非常に安全です。

初めて購入するときは、正直、「高いなぁ…」「ここまでこだわる必要があるのかな…」と思いましたが、継続して1年以上が経過した今、猫の健康状態も非常に良く、毎日美味しそうに食べてくれる姿を見ると、カナガンにして良かったと思います。

可愛い愛猫が病気になったと思うと…想像するだけで辛いですよね?

生涯、大きな病気にかかることなく、長生きできることが、猫にとって最大の幸せだと思います。

間違ったフードを選んでしまうと、愛猫の身体を少しずつ蝕んで、気がついたら大きな病気を患っている可能性もあります。

愛猫と幸せな日々を送りたいなら、高額ではありますが、その分、素材・成分とも完ぺきな安全性を誇るカナガンを選んでみてはいかがでしょうか。

カナガンを最安値で購入したい!」とお考えの方は、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね!

最後に

カナガンとロイヤルカナンを比較してみました。

ロイヤルカナンは動物病院でも良く販売されているため、ご存知の方も多いかと思いますが、動物病院に置いてあるからといって、必ず素材・成分的に良いとは言い切れないようですね。

素材・成分の面では、絶対カナガンの方が良質です。

その分、高額ではありますが、猫の健康を考えると、カナガンをオススメしたいですね。

また、猫が病気にかかると、治療費の方が高くつくかもしれませんので。

公式サイトから購入すると、最安値で購入できますので、ぜひ、公式サイトもチェックしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。