ブリューゲル展(東京都美術館)の混雑状況とチケット割引情報は?

東京都美術館で

「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」

が開催されます。

ブリューゲル一族とは、

16、17世紀のヨーロッパで最も

影響力を持った画家一族。

 

一族の祖である

ピーテル・ブリューゲル1世から

150年にわたり画家を生み出し続け、

代々細密な描写が受け継がれてきました。

 

ピーテル・ブリューゲル1世の描いた

「バベルの塔」は超がつくほど有名ですね。

 

「バベルの塔」を見てもわかるとおり、

細部までの描写はため息が出るほど緻密です。

 

 

昨年、東京・大阪で開催された

「バベルの塔展」では、

30分の待ち時間が生じるほどの

人気ぶりでしたが、

今回のブリューゲル展は

どうなるのでしょうか?

ブリューゲル展の混雑とチケット割引について、ここでは、東京都美術館で開催される

ゆる~く書いてみます。

ブリューゲル展の混雑は?

昨年の「バベルの塔展」は、

同じ東京都美術館で開催され、

先述のとおり、30分の待ち時間が

生じたこともあります。

 

前回の「バベルの塔」のように

目玉作品はないものの、

同じブリューゲル一族の

作品100点が展示され、

そのほとんどが日本初公開ということもあり、

大変な貴重な機会であることから、

混雑は必至でしょう。

 

広告PRも大々的に行われているので、

「バベルの塔展」を見逃した人が来場し、

下手すると、「バベルの塔展」より

混雑する可能性もあります。

 

混雑を避けるためには、

・平日に訪れる

・休日でも開館直後か閉館直前に訪れる

ことがコツです。

 

また、チケット売り場で混雑が生じるので、

チケットは事前に購入しておくべきでしょう。

チケットの割引は?

チケットは前売券で購入しておくと、

通常料金より200円お得になります。

 

絶対に観に行く!という方は、

開催前に必ず購入しておきましょう。

前売券
一般:1,400円
大学生:1,100円
高校生:600円
65歳以上:800円

販売期間
2017年11月19日~1月22日

前売券販売場所
ローソンチケット、イープラスなど
※詳細は公式ホームページをご覧ください。

 

基本情報

では、最後にブリューゲル展の

基本情報を記載します。

開催期間
2018年1月23日~4月1日休館日
月曜日(2月12日を除く)、2月13日開催時間
9時30分~17時30分料金
一般:1,600円
大学生:1,100円
高校生:600円
65歳以上:800円

開催場所
東京都美術館
東京都台東区上野公園8-36

まとめ

東京都美術館で開催される

ブリューゲル展について、

ゆる~く書いてみました。

 

芸術の才能のない僕でも

ブリューゲル一族の作品の

緻密さはすごいなと思います。

 

恐らく、生で本物を見ると、

身震いするような迫力があるんでしょうね!

 

京都からは遠い・・・ので、

巡回で大阪にやって来たときに

見に行きたいと思います(^^;)