カナガンキャットフードで猫が太る?カロリーは多いor少ない? 

カナガンキャットフードを食べて猫が太らないか心配

カナガンのカロリーはどうなんだろう?

と気になっている方もおられることでしょう。

 

猫も人間と同じで、肥満は大病のもとです。

カナガンの成分や素材と同様に、カロリーが気になるのも当然です。

この記事を読んで、カナガンのカロリーが他のキャットフードと比べて、多いのか少ないのかが分かると、「カナガンを食べて太らないかな…」なんて心配もなくなることでしょう。

カナガンを食べさせている我が家の猫たちの実体験をもとに、失敗談と成功談を踏まえて、カナガンのカロリーと太りやすさについて、ご紹介します。

1.カナガンキャットフードのカロリーは?

カナガンのカロリーは100グラムあたり390kcalです。

また、他の商品とは異なり、カナガンは全年齢を対象に作られており、子猫用や成猫用のように分けられておらず、商品も1種類しかありません。

数値だけ聞いても、多いのか少ないのか判断できないと思いますので、他のキャットフードと比較してみます。

まずは、成猫用キャットフードとの比較です。

カナガンキャットフード 390kcal(100gあたり)
ロイヤルカナン
インドア
375kcal(100gあたり)
ピュリナワン
室内飼い猫用
360kcal(100gあたり)
アイムス
インドアキャット成猫用
366kcal(100gあたり)
ファーストチョイス
成猫 白身魚&チキン
357kcal(100gあたり)

成猫用キャットフードと比較すると、カナガンはやや高カロリーであることが分かりますね。

しかし、他の商品も概ね350〜380kcalなので、カナガンが突出して高カロリーというわけではありません。

次に、子猫用キャットフードと比較してみます。

カナガンキャットフード 390kcal(100gあたり)
ロイヤルカナン
子猫用
409kcal(100gあたり)
ピュリナワン
1歳までの子猫用
440kcal(100gあたり)
アイムス
子猫用
386kcal(100gあたり)
ファーストチョイス
子猫用
384kcal(100gあたり)

エネルギー消費が激しく、1日の摂取カロリーが多い子猫に対しては、どの商品も高カロリーに作られていますが、カナガンは他の商品と比較して平均的な値であることが分かりますね。

カロリーで比較すると、カナガンは子猫にも成猫にも対応できるように、バランス良く作られていると言えます。

成長してもご飯の種類を変えず、同じフードをあげ続けられるのは、ありがたいですね。

我が家の2匹目の猫は、キャットフードに切り替えた子猫のときからカナガンを食べ続け、すでに1年以上経過しますが、標準体重をキープできています。

猫はご飯が急に変わると、全く食べなくなったり、身体がビックリして下痢を起こすことがあります。

ご飯の変化は猫の身体に負担をかけてしまいますが、その点、子猫から成猫までご飯を変えないで済むカナガンは猫に優しいフードと言えますね。

カナガンと下痢の関係については、以下の記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

カナガンが向かない猫は?

カナガンは子猫と成猫には良いフードですが、シニア猫のように腎臓に不安のある猫にはあまりオススメできません。

カナガンは高タンパクであるがゆえ、腎臓に負担をかけてしまうのです。

お飼いの愛猫がシニア猫か、腎臓に不安のある猫なら、カナガンは避けてあげましょう。

カナガンと腎臓の関係については、以下の記事で詳細を書いているので、参考にしてみてください。

カナガンは太りやすい?

チビ

カナガンは高カロリーだから、太りやすいって聞いたけど?

カナガンで太りやすいということはなく、結局はカロリーに合わせて給餌量を管理できているか次第です。

猫も人間も一緒で、低カロリーなご飯でも食べ過ぎたら太りますし、高カロリーなご飯でも少量なら肥満は防止できます。

猫は食いしん坊なので、飼い主さんがしっかり給餌量を管理してあげましょう。

我が家の2匹目の猫には、カロリーを考えず、猫が欲しがるがままにご飯をあげたところ、当然ながら太ってしまいました…。

獣医さんにも注意を受け、自分の勉強不足を反省し、給餌量をしっかり管理したところ、現在はやや肥満にまで戻すことができています。

すでに述べたとおり、2匹目の猫には、しっかり給餌量を管理してご飯をあげているので、標準体形を維持できています。

給餌量の計算は?

給餌量は猫の年齢等から1日に必要なカロリーを計算し、カナガンの100グラムあたりカロリーで割り戻して計算します。

カロリーから給餌量の計算については、以下の記事で詳細を書いているので、参考にしてみてください。

猫がご飯量に満足しないときは?

ご飯をあげても催促がうるさい…そんなときは、ご飯を小分けにして回数を増やしてみましょう。

給餌量を増やすのではなく、小分けにして回数を増やすことで、猫の空腹感は多少なりとも解消されます。

我が家の猫も毎日のようにお腹空いたアピールがすごかったので、ご飯を小分けするようにしました。

以前は、朝晩に20グラムのご飯をあげていましたが、現在は、朝一番に10グラム、仕事出発前に10グラム、帰宅時に10グラム、夜9時頃に10グラムと4回に分けています。

これだけの工夫で、ご飯の催促はかなりマシになりました。

カナガンのカロリーは標準的!

カナガンのカロリーは標準的で、太りやすいフードではありません。

結論・他のフードと比べると、カナガンのカロリーは至って標準。

・カナガンは子猫・成猫にも対応できるよう、バランス良いカロリーで作られている。

・猫の肥満はフードのカロリーではなく、飼い主さんの給餌量の管理次第。

・よって、カナガンは太りやすいフードではない。

我が家がカナガンを選んだ理由

カナガンは素材・成分の面で猫の身体に非常に良いことが決め手となりました。

カナガンは以下の点に特徴があります。

・高タンパクで脂質とのバランスが良い

・穀物を含まないグレインフリー

・人工添加物を含まない

 

カナガンの成分表については、以下の記事に詳細を書いていますので、参考にしてみてください。

簡単にまとめると、カナガンは猫に必要なタンパク質を豊富に含んでおり、一方、穀物・添加物という猫に危険な成分を含んでおらず、猫の健康にありがたいフードなのです。

可愛い愛猫が病気になったら…想像するだけで辛いですよね。

猫にとって、健康に一生を過ごせることが何よりの幸せです。

間違ったフードを選んでしまうと、愛猫の身体を少しずつ蝕んで、気づいたら大きい病気を患ってしまう恐れがあります。

愛猫と幸せな日々を送りたいなら、猫の健康に嬉しいカナガンを選ぶことをオススメします。

カナガンの公式サイトはこちら!

カナガンを最安値で購入したい!」とお考えの方は、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね!

最後に

カナガンキャットフードのカロリーについて、書いてみました。

他のフードと明らかに数値がおかしいなら、疑ってみる必要がありますが、どのフードもそこまで差はありません。

また、カロリーの多少よりも、給餌量をしっかり管理してあげる方が大切です。

愛猫の健康のためにはカナガンをオススメしますが、給餌量はしっかり計算して、決まった量だけあげるようにして、肥満を防止してくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。