猫にカナガンキャットフードをあげると下痢になる?そもそも原因は?

カナガンに興味あるけど、下痢になっても心配だなぁ

そんな不安を抱えている方もおられるでしょう。

 

カナガンに限らず、初めてのご飯は果たして愛猫に合うのか…不安になるものです。

この記事を読むと、カナガンを食べると下痢を起こすのか否かが分かりますよ。

我が家の猫には、1年以上カナガンをあげています。

我が家の猫たちの様子を踏まえて、カナガンと下痢との関係を書いていきます。

この記事のポイント

・カナガンを食べると下痢になるのか、因果関係が分かる。

1.カナガンは下痢になりやすい?

チビ

口コミをみると、下痢になりやすいという声がたくさんあるけど…

結論から言うと、カナガンを食べても下痢になりやすいことは決してありません。

猫の下痢の原因は様々!

猫の下痢には、ストレス、体調不良、異物の誤飲、急なご飯の変化など、様々な原因があります。

我が家の猫たちは、カナガンを食べて1年以上になりますが、ご飯が原因で下痢になったことはありません。

一度、猫カゼが原因で下痢になったことはありますが、それきりですね。

カナガンに切り替えたら下痢を起こす?

チビ

急なご飯の変化は下痢の原因になるってことだけど

チビ

カナガンに切り替えて下痢になったら困るなぁ…

急なご飯の変化での下痢を防ぐには、従来のご飯と混ぜて、ゆっくり慣れさせることがポイントです。

猫は新しいご飯をいきなり食べると、身体がビックリして内臓に負担がかかり、下痢を起こすことがあります。

最初は、これまでのご飯:新しいご飯=1:9で混ぜて、1回のご飯毎に新しいご飯を10パーセントずつ増やしていき、10回目のご飯で新しいご飯が100パーセントになるようにすると良いです。

私は親戚の猫がいきなり新しいご飯を食べて下痢を起こしたと聞いていたので、我が家の猫にはゆっくり慣れさせるようにカナガンをあげました。

結果、下痢を起こすことはありませんでした。

この徐々に新しいご飯に慣れさせる方法を取ると、食いつきも良くなって、一石二鳥ですよ。

2.むしろ、カナガンで下痢が治るかも

猫はアレルギーが原因で慢性的な下痢を起こす可能性があります。

猫の食物アレルギーの代表格は穀物です。

穀物は猫にとって消化が難しく、アレルギーを発症しやすい素材です。

鶏肉や魚でもアレルギーを起こす可能性はありますが、猫にとってタンパク質は必須成分なので、何かしら、肉か魚を食べさせる必要があります。

もし、鶏肉や魚でアレルギーを発症するようなら、獣医さんと相談して、タンパク質を摂取させる方法を検討しなければなりません。

しかし、穀物は必須ではありません。

よって、アレルギーのリスクを高めるだけの穀物は、含まない方が絶対に良いわけです。

その点、カナガンは穀物不使用なので、安心できます。

人工添加物を含まない点もありがたい

人工添加物も猫にとって下痢の原因になります。

添加物は発ガン性、免疫力の低下という悪影響がありますが、他にも、腸内の悪玉菌を増やし、下痢を起こすという悪影響もあります。

市販のキャットフードには、猫の食いつきを良くするため、添加物によって香りを良くしている商品もありますが、猫の健康を考えると…危険ですね。

その点、カナガンは人工添加物不使用です。

良質な素材の香りのみで勝負しており、猫の健康を考えるとケチのつけようがありませんね。

カナガンを使用し続けている愛猫の健康状態を公開!

我が家の2匹目の猫は初めてのキャットフードがカナガンで、使用し始めてすでに1年以上が経ちます。

先日、動物病院で健康診断を受けたところ、至って健康の結果でした。

赤枠の腎臓と肝臓の数値に注目していただくと、全く問題ないことが分かります。

獣医さんからも、今の生活を続けてくださいと健康状態にお墨付きをいただくことができました。

3.カナガンは下痢と直接関係なし!

口コミには、カナガンをあげたら下痢になったという声が見られるが、原因は他にある可能性が高いです。

我が家の猫は2匹とも、カナガンをあげ始めて以降、下痢を起こしていません。

親戚からのアドバイスもあり、少しずつ慣らしていったことも良かったのかもしれませんが。

結論・カナガンは下痢とは直接関係ない。

・むしろ、穀物・添加物不使用なので、下痢対策になりうる。

・急にご飯を替えると下痢を起こしやすいので、少しずつ慣らす方が良い。

4.猫が下痢を起こしたら?

下痢の状態によっては、すぐに動物病院へ行きましょう!

・食欲がない

・下痢が続いている

・子猫やシニア猫が下痢を起こした

 

この3つの状態に当てはまる場合は危険です。

食欲がなくご飯を食べないと、どんどん体力が減少しています。

下痢が続いているときも同様、体力を損耗しています。

子猫やシニア猫はそもそも体力が少ないので、下痢によって体力が削がれると致命的です。

我が家の猫は体調を崩し、ご飯を食べなくなったので、慌てて動物病院に連れて行きました。

獣医さんに診てもらって猫カゼだと分かり、薬を飲ませたところ、下痢が治り、食欲も回復しましたが、一歩遅れていたら、体力が底をついていたかもしれません。

下痢の状態によっては命に関わるので、状態によってはすぐに動物病院に連れて行きましょう。

最後に

カナガンと下痢との因果関係について、書いてみました。

口コミには厳しい声が見られますが…我が家の猫は至って健康ですし、下痢も起こしていません。

むしろ、カナガンをあげ始めてから、健康状態も良くなっています。

猫カゼを患うことも全くなくなりました。

素材や成分も全く問題なく、ケチのつけようがない良質なフードなので、ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。