生後5ヶ月の子猫のご飯・餌の量と回数は?育て方の注意点も!

猫の5ヶ月は人間でいうと8歳と数ヶ月です。

 

5ヶ月も経つと見た目はすっかり大人ですが、

育て方・ご飯のあげ方は大人と同じようには

いきません。

 

猫を初めて飼う方にとっては、

各成長過程でのご飯のあげ方に

戸惑う方もおられるでしょう。

 

この記事では、生後5ヶ月の子猫への

ご飯のあげ方と育て方について、

書いていきます。

この記事のポイント・生後5ヶ月の子猫にご飯は何をあげれば良いか分かる。
・ご飯の量と回数も分かる。
・生後5ヶ月の子猫の育て方も分かる。

1.5ヶ月の子猫にご飯は何をあげれば良い?

チビ

ご飯の種類から何を選べばよいか、まずそこから悩みそうだね

猫のご飯には大きく分けて、

カリカリと呼ばれるドライフード

柔らかいウェットフード

2種類があります。

 

生後5ヶ月になると、乳歯から永久歯に生え変わり、

カリカリも問題なく食べられるようになります。

 

よって、ドライフードでもウェットフードでも

どちらをあげても構いません。

 

ドライフードとウェットフードの

それぞれのメリットを考慮して、

ご飯を選べば良いでしょう。

ドライフードのメリット・カリカリ噛んで食べることで歯石を予防できる

・乾燥しているので日持ちする

・ウェットフードより安価で経済的

ウェットフードのメリット・天然の素材に近く猫に喜ばれる

・子猫や老猫のように歯の弱い猫でも食べられる

・水分補給も同時にできる

どちらにもメリットはありますが、

ほとんどの飼い主さんはどこかのタイミングで

ドライフードに切り替えるようです。

 

ドライフードの安価で経済的という

メリットが大きいようですね。

 

私もドライフードが食べられるようになって以降、

ずっとドライフードをあげています。

 

ドライフードなら、我が家も使用している

カナガンキャットフードはオススメです。

 

ドライフードは美味しくないのか、

市販のもだと、猫によってはすぐに飽きて

食べなくなります。

 

ドライフードのデメリットですね。

 

しかし、カナガンは良質なタンパク質を

70%以上も含んでおり、

美味しく食べてもらえる上に、

身体にも非常に良いんです。

 

市販のキャットフードより高タンパクなことに加え

カルシウム・リンといった猫に必要な

栄養素も満たしていますよ。

 

我が家の猫も市販のキャットフードを

食べてくれない時期があり、

カナガンをあげ始めましたが、

今では喜んでバクバクと一瞬で

食べてしまっています。

 

ご飯が合わないようでお困りなら、

ぜひカナガンキャットフードを試してみてください。

 

カナガンは市販されておらず、

ネット通販でしか購入できませんので、

注意してくださいね。

2.5ヶ月の子猫のご飯の量は?

チビ

小さい頃は食欲旺盛だったような

チビ

5ヶ月の頃はご飯の量にも違いがあるの?

子猫はすごいスピードで成長していくため、

成猫に比べて2倍ものカロリーを必要とします。

 

子猫の1日に必要なカロリーは以下の計算式で

算出できます。

●体重×200kcal

 

体重500gの子猫なら、100kcal、

体重2kgの子猫なら、400kcal、

ということになりますね。

 

ここでいう子猫とは、生後6ヶ月未満、

体重3kg以下が目安です。

 

生後6ヶ月、体重3kgを超えたら、

成猫のカロリー計算に合わせるように

しましょう。

 

カロリー計算は去勢・避妊手術を受けたか否か、

肥満気味か痩せ気味かによって計算が異なるので、

獣医師広報版のサイトを利用すると

簡単にカロリーが分かって便利ですよ。

カロリーからご飯の量を計算する

カロリーさえ分かれば、ご飯の量の計算は

簡単です。

 

上でご紹介したカナガンキャットフードでは、

100g当たり約390kcalなので、

200kcal摂取させようと思ったら、

1日に約50g弱あげれば良いことになりますね。

3.5ヶ月の子猫のご飯の回数は?

チビ

ご飯の量は計算したら良いのは分かったけど

チビ

何回に分けてあげれば良いのかな?

ご飯の回数ですが、生後5ヶ月の子猫は

まだまだエネルギーの消費が激しいので、

小分けにしてあげるべきでしょう。

 

1日3~4回に分けてあげられると理想的です。

 

子猫はご飯を食べない期間が半日を超えると

栄養失調で命に関わるそうなので、

小分けにしてご飯をあげて、しっかり

エネルギーを摂らせるようにしましょう。

置き餌は禁物

「1日の必要量をあげれば良いんでしょ?」と

1日分のご飯を置き餌する方がいますが、

これは絶対にダメです。

 

猫はお腹が空いた分すべて食べてしまうので、

必要な時間に必要なエネルギーを摂れませんし、

肥満の原因にもなります。

 

1日の回数と1回毎の量を決めて、

しっかり健康管理をしてあげるべきでしょう。

4.5ヶ月の育て方の注意点

チビ

ご飯以外にも5ヶ月の子猫の育て方に注意することはあるの?

飼い主

もちろん!いくつか注意すべきことを紹介するね

噛み癖がつかないように

生後5ヶ月頃の子猫は乳歯から永久歯に

生え変わったところで歯がむず痒く、

人の指を甘噛みすることがあります。

 

この甘噛みが可愛いからと言って

放置しておくと、噛み癖がついてしまいます。

 

噛み癖がついてしまうと、

大人になってからも事ある毎に

噛みつくようになります。

 

噛みつく痛さに耐えきれず、

手放さざるを得なくなった・・・

なんて方もいるようです。

 

噛み癖をつけないためには、

以下の対策が効果的です。

・噛んだら「痛い!」と大声で言う

・噛みつく用のおもちゃをあげる

 

猫の噛み噛みおもちゃには

こんな商品がオススメですよ。

 

一旦噛み癖がついてしまうと、

直すまで時間と根気が必要になります。

 

噛み癖をつけないことが大切なので、

最初の対策を怠らないようにしたいですね。

しっかり遊んであげる

子猫は遊びたい盛りでエネルギーが余っているため、

しっかり遊んであげることが大切です。

 

また、子猫は寂しさを感じやすいので、

相手をしてあげる意味でも

しっかり遊んであげましょう。

 

猫用おもちゃにはカシャぶんがオススメです。

私も色んなおもちゃを試して、

その都度、数日で飽きられてきましたが、

このカシャぶんだけは食いつきが凄いです!

 

猫が大好きなビニールのカシャカシャと

紐のヒラヒラとが一つになっているので、

いつまでも遊んでいられるようです。

 

数あるおもちゃに悩んだら、

ぜひカシャぶんを検討してみてくださいね。

最後に

生後5ヶ月の子猫へのご飯について、

ご飯の種類・量・回数など

書いてみました。

 

5ヶ月は大人一歩手前ですが、

まだまだ子供なので、ご飯もたくさん食べますし、

遊びたい盛りでやんちゃです。

 

一方、一番かわいい時期でもあるので、

子猫育てを楽しんでくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

2匹の猫を飼う愛猫家です。 1匹は公園で、もう1匹はキャンプ場で保護しました。 2匹ともすっかり元気になって部屋中を走り回っております。 猫の成長とともに猫初心者を脱出。 現在は愛猫家の方々に向けて、猫情報を発信しています。