古代アンデス文明展(名古屋市美術館)のチケットと混雑は?

名古屋市博物館「古代アンデス文明展」

開催されます。

 

本展はその名の通り、古代アンデス文明に

スポットを当てた展覧会です。

 

紀元前13000年から滅亡する16世紀に至るまでの

アンデス文明の歴史が分かる内容となっています。

 

古代アンデス文明と古代日本との

共通点・相違点を探しながら鑑賞するのも

面白いかもしれませんね。

 

ここでは、名古屋市博物館で開催される

古代アンデス文明展のチケットや混雑について

書いてみます。

本展の概要

本展は、アンデス文明の中でも、

カラル・チャビン・ナスカ・モチェ・ティワナク・

ワリ・シカン・チムー・インカという

9つの文化を核として取り上げ、

先史から歴史を遡りながら

アンデスの全体像に迫る展覧会です。

 

アンデス文明は、ペルーを中心とする

太平洋沿岸地帯とペルーからボリビアへ繋がる

アンデス中央高原に存在した文明です。

 

南アメリカ大陸太平洋沿岸部に南北4,000km、

標高差4,500mに及ぶ広大な空間において、

滅亡する16世紀までの長時間の間に

多種多様な文化が築かれました。

 

ナスカの地上絵やマチュピチュは有名ですが、

死者をかたどった土器、精巧な黄金製品、

織物やミイラなど、アンデス文明で築かれた文化は

独特で神秘的な世界観が特徴です。

 

古代の遺産ってワクワクしますよね。

 

当時の人々が何を思って作ったのか、

作られた当時はどんな状況でどんな環境だったのか、

想像をかき立ててくれます。

 

そもそも、何百年も前に作られた物が

今も残っているって、すごいと思いませんか?

 

…と私みたいに好奇心が旺盛な方は、

今回のアンデス文明展は堪らなく

楽しいことでしょう。

 

本展では、アンデス文明の遺産の中から、

選び抜かれた約200点の品々が展示されます。

 

アンデス文明の歴史を学びながら、

ワクワク感をかき立ててみては

いかがでしょうか。

チケット情報

本展では、前売券を購入すると、

通常料金より200円安く入館できます。

 

現時点で本展に興味をお持ちの方は、

今のうちにコンビニやネットで

購入しておくべきでしょう。

 

前売券料金
一般:1,100円
大高生:700円
小中学生:300円

前売券販売期間
10月5日まで

前売券販売場所
・名古屋市博物館
・主なコンビニエンスストア
・主なプレイガイド
・チケットぴあ(Pコード:769-189)
・ローソンチケット(Lコード:41986)
・イープラス
・セブンイレブン
・中日新聞販売所
・中日文化センター

 

前売券の他、オリジナルグッズが

セットになったグッズ付き前売券、

オフィシャルガイドブックがセットになった

予習セットも販売されます。

 

オリジナルグッズもさることながら、

予習セットはおもしろい試みですね。

 

確かに、事前に知識を入れてから鑑賞するほうが、

2倍も3倍も楽しめますよ。

 

グッズ付き前売券は枚数に限りがあるので、

早め早めに購入しておくべきでしょう。

 

<グッズ付き前売券>

料金
1,700円

販売期間
10月5日まで

販売場所
ローソンチケット

※グッズはオリジナルコスチュームキューピー人形。

 

<予習セット>

料金
2,000円

販売期間
10月5日まで

販売場所
・CBCラヴァースショップ
・中日新聞販売店
・名古屋市博物館ミュージアムショップ

 

混雑は?

古代アンデス文明展は全国を巡回しており、

これまでに国立科学博物館、

新潟県立万代島博物館、仙台市博物館で

開催されいてます。

 

これまでの3会場の混雑状況を

Twitterで調べてみたところ、

 

・ストレスMAXな混雑ぶりだった

・展示ケース前で列が動かず、ひととおり見るのに3時間かかった

・あんなに混雑するとは予想外

・とにかく混雑しててじっくり観ることが出来なかった

 

といった声が見られました。

 

この手の古代文明にスポットを当てた

展覧会は人気が出やすいので、

名古屋市美術館でも同様の

混雑は生じると思った方が良いでしょう。

 

混雑が苦手な方は、

平日に訪れるか、

休日でも早朝か閉館間際に訪れると、

少しでも混雑を避けることができます。

 

じっくりと鑑賞したいという方は、

訪れる日時を考慮してプランを

立ててくださいね。

基本情報

本展の基本情報を記載します。

 

開催期間
2018年10月6日〜12月2日

休館日
毎週月曜日、第4火曜日
※ただし、10月8日は開館、10月9日は閉館。

開催時間
9:30〜17:00

入館料
一般:1,300円
高大生:900円
小中学生:500円

会場
名古屋市博物館
名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1

アクセス
・地下鉄「桜山駅」から徒歩5分
・市営バス金山バス14系統「博物館」からすぐ

最後に

名古屋市美術館で開催される

古代アンデス文明展について書いてみました。

 

非常に魅力的な展覧会ではありますが、

混雑だけが懸念ですね。

 

せっかくの特別展ですし、

じっくりと一つ一つの遺産を

見て回りたいですもんね。

 

混雑を避けるよう時間帯を考慮して

訪れることを忘れないようにしたいですね。