雑種猫・拾い猫が大きくならない原因は?小さいままの猫は病気?

拾い猫はほとんどのケースで雑種だと思います。

 

子猫のときは成長が早く、

毎週2倍ずつぐらい大きくなっていきますが、

人間と同じであるときから成長が止まります。

 

もし、拾ってきた猫が1年、2年経っても、

一般的な平均体重を大きく下回る場合、

段々と不安になってくるかと思います。

 

ここでは、雑種猫が大きくならない小さいままの

原因について、我が家の経験も踏まえて

書いてみたいと思います。

猫の年齢ごとの平均体重

私の手元にある本によると、

猫の年齢ごとの平均体重は以下のようです。

1ヶ月:400グラム

2ヶ月:1キログラム

3ヶ月:1.5キログラム

6ヶ月:3キログラム

1歳以降:4キログラム

 

これを見る限り、1歳で成長はストップし、

以降は同じ体重が一生続くようです。

 

すなわち、1歳の時点で平均体重を

下回っていたとしても、

以降の成長は期待できないと言えそうですね。

 

もちろん、これは品種によって異なりますし、

アメリカンショートヘアやメインクイーン

のような品種は平均体重より2倍も3倍も

大きくなることがあります。

原因は?

我が家の拾い猫の場合、

1匹目は平均体重どおり概ね4キログラムですが、

2匹目は2キログラムもなくかなり小さい猫です。

 

2匹目ももちろん、雑種の三毛猫ちゃんです。

 

小さい頃は平均体重どおり成長していましたが、

あるときから成長が止まり、

間もなく1年半が経とうとしていますが、

平均体重の半分以下のままです。

 

ご飯もいっぱい食べているし、

元気に家中走り回るし、

何が原因なのかさっぱり分からず心配でしたが、

獣医さんはあっけなく、

「1年経ったし、これ以上大きくはならないね」

と話していました。

 

何でも大きくならない猫も一定程度いるらしく、

うちの猫の場合、元気でご飯も

バクバク食べいているので、

全く心配いらないとのこと。

 

さすがに、ここまで小さい子は

なかなかいないとも言われましたが(笑)

 

この話を聞くまで、自分なりに色々調べて、

病気に感染している恐れがあるとか、

怖い情報も目にしていましたが、

一番の原因は、

雑種と言えども何かの品種の混血なわけで、

先天的に大きくならないということ

だと思います。

 

はっきりと品種が分かっていれば、

どれぐらいまで成長するか概ね予想できますが、

雑種の場合ははっきりとは分かりませんし、

DNA鑑定でもしないと、

どんな品種が混じっているのか、分かりません。

 

よって、上の平均体重はあくまで一般的なもので

全ての雑種猫に当てはまらないということです。

 

もちろん、これは我が家の猫のケースですし、

もし、元気がなくて成長が止まってしまったなら

何かの病気に感染している可能性がありますし、

栄養失調の可能性もあるので、

早急に獣医さんに相談すべきだと思います。

 

しかし、獣医さんから健康だとお墨付きをもらい

実際、元気にご飯もしっかり食べている子なら、

そこまで心配する必要はなく、

雑種と言えど、成長しない品種なんだと

思えば良いのではないでしょうか。

小さい猫を飼ううえでの注意点

小さい猫を飼ううえで気を付けるべきは、

肥満ですね。

 

小さい猫なら特に、大きくなってほしいと思い、

多めに餌をあげてしまいそうになりますが、

それは猫の健康を損ねるだけです。

 

元気な小さい猫なら、

このサイズが平均体重だと思って、

体重に見合ったご飯をあげるようにしましょう。

 

また、小さいまま大人になってしまったので、

どこでも小さな隙間があれば、

入り込んでしまいます。

 

我が家でも、一度、

狭い本棚の隙間に入り込んでしまい、

出れなくなって往生したことがあります…。

 

こればっかりは限界があるかと思いますが…

出来る限り気をつけてください。

最後に

拾い猫・雑種猫で大きくならない原因について、

書いてみました。

 

猫は1匹1匹性格も見た目も異なりますし、

同じ雑種でサイズが違っても良いと思います。

 

我が家の1匹目の猫は平均体重どおりで、

すっかり大きくなり、

抱っこしてもずっしりと重く、

撫でても面積が広いので、撫でがいがあります。

 

一方、2匹目の猫は小さくて軽いので

抱っこしていても若干の

物足りなさを感じますが、

その分、足の隙間や布団の隙間に

スッと入ってきたり、

子猫のままのような可愛らしさがあります。

 

最初は心配しましたが、

今でこそ、2匹それぞれ個性的で

違った楽しさと可愛らしさを

見せてくれていますよ。

 

猫でも犬でも純血の子が

高額で販売されていますが、

雑種には飾らない可愛さがあります。

 

もっと雑種の魅力が広まってくれれば、

殺処分される子も少なくなるのになぁ…と

思わずにいられません。