お風呂での猫の顔の洗い方は?シャンプーの選び方とオススメは?

猫は清潔にしてあげたいところですが、

シャンプーのやり方を間違えると

トラウマを植え付けてしまうかもしれません。

ひとえにシャンプーと言っても、

正しいやり方はあります。

 

特に、お顔は繊細にしてあげないと、

目や耳を傷つける恐れもあります。

 

ここでは、特に顔のシャンプーの仕方と

シャンプーの選び方について書いてみます。

お風呂の入り方

猫のお風呂は大まかに以下の手順になります。

①大き目の桶にお湯を溜める

②お湯にシャンプーを適量入れる

③お風呂に入れる前にブラッシングする

④シャカシャカ洗う

⑤しっかりとすすぐ

⑥タオルで水分を拭き取る

⑦ドライヤーで仕上げ

 

では、順を追って詳細に書いてみます。

①大き目の桶にお湯を溜める

猫が余裕を持って入れるサイズの

桶を用意しましょう。

 

小さい子猫なら洗面器で十分かもしれませんが、

成猫は専用の桶が良いかもしれません。

 

こんな商品↓↓も販売されているようなので、

ぜひ、ご検討を。

 

 

溜めるお湯は温度に注意が必要です。

 

温度は必ず人肌温度になるよう、

注意しましょう。

 

人肌温度は37度程で、水滴を腕に垂らしたときに

ぬるく感じる程度の温度です。

 

お風呂に入ったときに「ぬるっ!」と

感じる温度が人肌と思って良いでしょう。

②お湯にシャンプーを適量入れる

シャンプーは直接身体にかけるのではなく、

お湯に溶かすのが基本です。

 

直接身体にかけると、部分的にシャンプーが溜まってしまい、

十分にすすげない恐れがあります。

 

お湯でシャンプーを溶かし、

そのお湯で身体を洗うということを

覚えておきましょう。

③お風呂に入れる前にブラッシングする

品種によっては毛が抜けやすく、

シャンプー中に多量の毛が抜けてしまいます。

 

シャンプーの効果を十分に出すためには、

事前にブラッシングして

抜けやすい毛を除去しておくことが大切です。

 

なお、子猫の場合は、ブラッシングで

皮膚を傷つける可能性があります。

 

子猫をシャンプーするときは、

ブラッシングは省いても良いかもしれませんね。

④シャカシャカ洗う

さて、いよいよ洗い開始です。

 

シャカシャカ洗うときは、

首から胴体に向かって、

要は毛並みの流れに沿って洗っていきます。

 

猫の身体にノミがいる場合、

胴体から顔に向けて逃げる恐れがあるためです。

 

あまりゴシゴシ洗って

皮膚を傷つけてもダメなので、

優しく丁寧に洗うようにしてあげましょう。

 

指の第二関節で洗うと、余分な力が抜けて

良いかもしれません。

顔の洗い方

本記事の本題であります、

猫の顔の洗い方についてご紹介します。

 

すでに書いたとおり、耳や目に水が入らないよう

顔は細心の注意を払って洗う必要があります。

 

顔の洗い方ですが、胴体とは別の方法にて

行わなければなりません。

 

胴体のように上からお湯をかけるのはNGで、

濡らしたスポンジで額・目の周り・口元・あご等

を丁寧に洗っていきましょう。

 

無理にシャンプーを含ませる必要はありません。

 

小さい子猫で、スポンジで洗うのも困難な場合は

ウェットティッシュで優しく拭いてあげるだけで

充分でしょう。

 

くれぐれも、頭からお湯をぶっかけるような、

乱暴なやり方はしないようにしましょう。

⑤しっかりとすすぐ

洗いが終わったら次はすすぎです。

 

シャワーですすげば良いですが、

耳や目に水が入らないよう、

シャワーのノズルを猫の身体に密着させながら

すすいでいくことがポイントです。

 

こちらも洗う時と同様に、

首から胴体に向かってすすいでいきましょう。

 

シャンプーが身体に残っていると、

皮膚炎の原因ともなるので、

十分すすいであげることが大切です。

⑥タオルで水分を拭き取る

すすぎが完了したら、

次はタオルでの拭き取りです。

 

毛についた水分をしっかり拭き取るため、

吸収性がよいタオルを2〜3枚

用意しておくと良いでしょう。

 

こちら↓↓は猫や犬専用のタオルです。

吸収性は通常のタオルの約3倍もあるので、

猫シャンプーの前にあると便利ですね。

 

 

猫をタオルで包み込み、ゴシゴシするのではなく

優しくマッサージするように

水分を拭き取っていきます。

 

ここでも、顔は優しく、特に目を傷つけないよう

細心の注意が必要です。

⑦ドライヤーで仕上げ

タオルである程度の水分を拭き取ったら、

最後はドライヤーで仕上げです。

 

猫は耳が非常に良いので、

ドライヤーの音を怖がります。

 

音が少ない弱風で、

できる限り身体から離して当ててあげましょう。

 

弱風では、やはり乾きが遅いので、

思わず強風にしたくなりますが、

そこは我慢ですね。

 

ここでも、顔には注意が必要です。

 

特に目にドライヤーの風がそのまま当たると、

網膜などを傷つける恐れがあります。

 

顔に風が当たらないよう、

ドライヤーの向きを調整したり、

手やタオルで風除けを作ってあげるなど

工夫が必要ですね。

怖がらせないことが大切

猫のシャンプーは怖がらせないことが大切です。

 

ドライヤー仕上げのところでも書きましたが、

猫は耳が良いため、大きい音を怖がります。

 

我が家の猫も、シャワーの出る音や

ドライヤーの音が聞こえると暴れ出しました。

 

シャワーで済ませるのではなく、

桶にお湯を溜めてあげると、

大人しく気持ちよさそうに浸かっていました。

 

すすぎのときは仕方ないですが、

水量を少なくして音を小さくしてあげると

少しでも恐怖心を取り除いてあげられます。

 

ドライヤーも同じですね。

 

また、大きい音が聞こえてパニックになり、

暴れて怪我をする恐れもあるので、

洗面所は締め切って外に出さないことも

大切ですね。

シャンプーの選び方とオススメは?

猫のシャンプーを選ぼうにも、

市販のものは心配ですよね。

 

成猫で健康に成長した子なら、

市販のシャンプーでも問題ないと思いますが、

拾ったばかりの子猫は

皮膚の状態が分からないので、

一度獣医さんに診断してもらった方が良いです。

 

我が家の2匹目の子猫は拾ったときから

身体にカビが生えていた(皮膚真菌症)ので、

カビの繁殖を防止する特殊なシャンプーを

使用していました。

 

猫カビなんて素人では絶対に分かりませんし、

獣医さんも特殊な紫外線?を当てるような機械を

使用してカビの状態を診ていたほどです。

 

我が家の最初の猫さまは

皮膚に関しては健康だったので、

獣医さんに勧められて

こちら↓↓の商品を使用していました。

 

 

ネットでしか販売されていないようですが、

我が家の猫も全く問題なく使用できていますし、

オススメします。

 

基本的に市販のものでも良いと思いますが、

猫の状態に合わせてシャンプーを

選ぶようにしましょう。

最後に

猫のシャンプーのやり方、

特に顔の洗い方とシャンプーの選び方について

書いてみました。

 

猫は本能的に水が苦手らしいですね。

 

あまり頻繁にシャンプーをすると、

すごいストレスになるそうです。

 

頻度を考えるのももちろんですが、

水の苦手意識を取り除けるかどうかは、

シャンプーのやり方にかかっています。

 

猫の気持ちを考えず、適当にやってしまうと、

2回目からは絶対に暴れて止まりません。

 

猫の気持ちを考えてあげることが大切ですね。