谷口亮の経歴と顔画像・Facebookは?東京五輪マスコットをデザイン!

東京五輪のマスコットキャラが決定しましたが

デデザイナーは福岡県在住の谷口亮さん

という方のようです。

 

ここでは、谷口さんの経歴と

wikiプロフについて、調べてみます。

谷口さんがデザインしたのは、

「未来ロボット型」のア案。

 

デザインは上の画像のとおりです。

 

確かに、近未来って感じがして

良いデザインですね!

 

これまで、エンブレムや

新国立競技場のデザインやを巡って

論争が巻き起こってきましたが、

今回はスムーズに決着しそうですね。

 

技術力が自慢の日本を表すような

可愛らしいデザインだと思います。

 

さて、ここでは、デザインを作成した

谷口亮さんについて、

ゆる〜く書いてみます。

谷口亮の経歴・顔画像・Facebookは?

谷口さんの基本プロフィールは

以下のとおりです。

年齢:44歳

出身地:福岡県福岡市

 

谷口さんは日本の高校を卒業後、

1997年からアメリカ・カリフォルニア州の

大学・Cabrillo Collegeで美術を専攻。

 

1999年以降、日本に帰国し、

オリジナルキャラクターのデザインを開始。

 

路上でキャラクターグッズを

販売しながら人脈を築き、

ベネッセや博多警察署の

キャラクターデザインを

担当したことがあるそうです。

 

谷口さんの顔画像とFacebookアカウントは

あいにく見つけることができませんでしたが、

公式ホームページは見つかりました。

 

ホームページでは、

これまでの谷口さんの様々なデザインを

見ることができますよ。

 

アメリカで美術を専攻しているあたり、

本格的にデザインを勉強した方のようですね。

 

路上でグッズを販売したり、

デザイナーとして苦労された経歴も伺えます。

 

今回、東京五輪のマスコットキャラに

選ばれたことで、一躍人気デザイナーに

仲間入りするかもしれませんね!

ネットの反応は?

谷口亮さんのデザインについて、

以下のようなツイートが見られました。

 

人によって好みが分かれるので、

落選したイ案やウ案の方が良かったのに、

という声も多く見られました。

 

しかし、今回の投票は小学生を

対象に行ったそうなので、

変なしがらみがなく、納得の結果ですね。

 

佐野研ニ氏のときなんか、

投票者もキナ臭いし、

最低な結果でしたからね。

 

デザインは好みがあるでしょうが、

小学生に投票してもらうというアイデアは、

ナイスだと思います。

まとめ

東京五輪マスコットキャラに選ばれた

谷口亮さんについて、

ゆる〜く書いてみました。

 

平昌五輪も終わり、

いよいよ次は東京五輪です。

 

あと2年後には日本でオリンピックが

開催されているなんて、信じられないですね!

 

賛否両論はありますが、

平昌五輪を見ていると、

やっぱりスポーツっていいなぁと思いました。